COLUMN
コラム

空き家問題は日本全国で深刻化している

空き家問題は、日本のあらゆる場所で深刻な社会問題となっています。空き家と化した不動産を所有している方は、どのように扱うべきか悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?

様々な活用方法があるなかで、投資家に注目されているのが、「空き家を不動産投資に活かす」という方法です。空き家の現状・増える原因も交えつつ、空き家の不動産投資に関してご紹介していきます。

空き家の現状

空き家の現状

空き家は別荘が多い山梨や長野をはじめ、日本各地で増え続けています。東京にフォーカスを当てた場合、豊島区や大田区、武蔵野市などのエリアは空き家が多い傾向にあります。逆に少ないエリアとして挙げられるのが、町田市や江東区、西多摩郡瑞穂町などです。

空き家と聞くと、過疎地域に多い問題、つまりは建物に対して住んでいる人が少ない結果起きる問題と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、過疎地域ではないエリアでも空き家問題は発生するものであり、過疎とは異なる理由があるのです。

空き家が増える原因

過疎以外の理由でも空き家は増えます。具体的には以下のような理由が、空き家増加の原因として考えられます。

相続の問題

物件の所有者が複数いることが原因で、対象の不動産を処分する方法が決まらずに放置するケースも少なくありません。相続は争族と表現されるほど争いに発展することも多く、相続人全員の意見がまとまらないと、いつまでも放置するしかないという現状があります。

管理放棄されてしまう

都市部では分譲マンションなどが多く建築される傾向にあります。きちんと管理されている場合は全く問題ありません。しかし、老朽化が進んだ結果空室が増えていき、最終的に管理放置する場合があるのです。老朽化した場合は、「建て替えを行えば良い」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単な話ではありません。分譲の場合、住民は区分所有権を持つ権利者であり、調整を行おうにもすぐに決着がつくわけではないのです。

空き家を不動産投資に役立てるのも一つの手段

空き家を不動産投資に役立てるのも一つの手段

所有している空き家の活用方法にお悩みの場合は、不動産投資に役立てるのもおすすめです。

空き家は上手く活用できればありがたい財産であり、利益を得ることも夢ではありません。リフォームを行ってから売ったり、賃貸物件として貸したりなど、空き家を活かして稼ぐ方法はいくつもありますので、処分に困っている場合はぜひ挑戦してみてください。

空き家は放置しないように心がける

空き家は日本が抱える大きな問題であり、所有している場合は放置せずにしっかりと対応することが大切です。

不動産投資と聞くと、「難しいのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかりと知識を学んだ上で行えば最小限のリスクで投資ができます。東京の株式会社臥猫庵では、不動産投資・空き家対策のアドバイスを行っており、皆様のご連絡を随時お待ちしています。お客様にとって最善の結果となるように、徹底してサポートいたしますのでお任せください。

東京で不動産投資に関することなら株式会社臥猫庵へ

会社名

株式会社臥猫庵

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目6-12 みゆきビル7F bizcube

営業時間

9:00~20:00

定休日

不定休

代表者

代表取締役 堀川 哲朗

URL

https://gabyo-an.com/